注文住宅のメリットとデメリット

main-img

注文住宅のメリットは何か、そしてデメリットは何かをしっかりと把握しておくことで、自分にとって好ましい判断をすることができます。



メリットは自分の理想の家を作ることができることです。本当にこれが最大のメリットだといえます。



賃貸にしても建売住宅にしても、それはすでに完成している住宅であり、どこか不満な点があっても納得せざる終えません。

しかし、注文住宅の場合ならすべてにおいて自分の好きな家を考えることができます。
賃貸も建売住宅もお客さんを捕まえることが大事なので、内容は基本的にありきたりで無難な内容になっているものです。
その点、注文住宅ならほかにはない自分だけの個性的な住宅を作ることができます。



逆にデメリットはどのような内容があるのかと言いますと、完成するまでにある程度時間がかかるので、どうしてもすぐに住宅が必要な場合は完成するまで賃貸に住むなどして家賃が重複することがあります。

次に住宅を建てるための土地がなかなか見つからないことがあります。



これが結構難関でもあります。賃貸の場合はある程度好ましい立地でお部屋を見つけやすいですし、建売の場合でも似たようなことが言えます。



しかし、土地を探すのは本当に難しくタイミングが合わなければなりません。
そのため、何よりも土地を見つけることができるかどうかで先行きは大きく変わってくることが言えます。このようにメリットもあればデメリットもあるのでしっかりと覚えておきましょう。



関連リンク

subpage01

注文住宅を建築する際の注意点

注文住宅というと、自分の好きなように作ることができ、理想の家が出来ると考える人が多いと思います。しかし、ちょっとしたことでその理想の家が、最悪な家に変わってしまうこともあるため注意が必要です。...

more
subpage02

注文住宅の寿命の違い

公的な機関では注文住宅の寿命について統計を元にしたデーターを公開していますが、木造で30年程度、鉄筋コンクリート造では40年程度とされています。しかし寿命を算出している方法が現状とは異なる場合が多く、一般的には取り壊された際の築年数が使われている現状があります。...

more